妖怪と狼に熱の犬缶のサイトです。 主に一次創作イラストを掲示しています。今は神使とか式神に執着してます。 どうぞなにとぞよろしくです。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メーター付きカテゴリ一覧

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

参加しています😃 よろしくお願いします〜

本日の残り時間~カジュアル版~

ブログ村ブログパーツ

FC2カウンター

2017年12月12日から始めました(;´ρ`) グッタリ よろしくお願いします〜
0 コメント

自作小説の大まかな話の流れ投稿【たぬき】

私が創作している『そんじょそこらの使わしめ』スピンオフ?ものの小説、一話目に登場する不思議な女の人が主人公のお話を年の前半に書き溜めておりました。
完成したら小説家になろうさんに投稿するつもりでしたが、私は三日坊主ならね一日坊主なので―八月になった今、ちょーぜつ執筆がのろのろしています。
あと、最近pixivに投稿したたぬきのお寺にいたお坊さん?がでてきます。
20180810002814dd6.jpg

この人です。
...................................................
 ヒロミは人を幸せにする呪術師《まほうつかい》だ。この世に福音を授けるために奔走する慈愛あふれた女性である。
 彼女は密かに真夜中、通路を歩いていた。目的地はこの町にあるお寺。高揚した頬を冷たい夜風が撫でていき改めて緊張しているのだと悟る。こんなんじゃあの人とお話ができないではないか。
 どこにでもあるような田舎町である。牧歌的な、さびれた田舎の風景。以前訪れた時は昼間で、ポツポツと発疹のように、分布した集落と一軒だけ近代的な洋館が山間部に存在していた。
 街灯の少ない夜闇ほど恐ろしいものはない。足早に山裾で構えている寺へ急いだ。途中で盗難に遭い自転車をなくしたことで到着が大幅におくれていた。心中で自動車免許をとればよかったと後悔する。だいたい車社会の土地へ自転車で向かうのが愚行なのだ。なんだったら祖父に頼んで送ってもらえば……。
 ああもう!過ぎたことをあれこれ考えたって変わらない!悶々とした気持ちを振り払って襟を正し、暗闇からぼうっと浮かび上がる閑静な寺院を見据えた。
 一般的な造りである。門は閉まり、人気はない。照明の僅かな明かりだけが居場所をくれた。インターフォンを押すと何やら気配がして柔らかい男性の声音がした。
 ドキリと心臓が高鳴り体が温まった気がする―甘いボイスをヒロミは存じている。そして相貌まで鮮明に思い描くことができるのだ。祖父のしぶしぶ肯定する光景を後ろめたく感ずる気持ちも薄まって、来てよかったと安堵が募った。
「あ、アアアの」
「…えっとあれ…ヒロミさん?お久しぶりです。」
 お寺の跡取り息子が玄関まで迎えに来てくれた。その時点で彼女の顔が爆発する。
「おじいさんは?まさか一人で来たの?」
「は、はい!おじいちゃんはその……腰痛でっ!来られなかったんです!」
「どうりで。お母さんからたくさんの電話がかかってきてね。何事かと」
「わははぁ…」苦笑されこちらも恥ずかしいやら何やら。母は少し心配性な所がある。

「は、はい。夢札…二枚ですね。」
「助かるよー。これで初夢、バッチシねっ!」
 跡取り息子の姉が和気藹々と接してくれる。大晦日が近づいた師走の月はどこも大忙しだ。
 夢札―吉夢を売るヒロミも関東を旅するようにたくさんの場所へ出向く。そして吉夢を求めている人々に品を届ける。いつからこれが始まったのかも、夢札という名称がつけられたのかも…ヒロミは知らない。
 祖父母が淡々と夢札を刷り、おまじないをかける。それはさながら魔法使いみたいだと幼少の頃憧れていた。
「新年を迎えて良くないものが落ちればいいんだけれど。そうは行かなそうですねぇ。」
 跡取り息子がボヤキ、姉も苦笑する。どうやら町に良くない兆候が現れているらしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

inukma

Author:inukma
もよりの駅(犬缶)です。よろしくお願いします。
認識する際はもよりの駅・犬缶、どちらの名前でもOKです。
民俗学が好きで、それに影響を受けた小説や漫画を書いています。民俗学は大学で学んだ訳ではなく、独学です。ので分からない分野も多くあるのでものすごく博識というわけではないです…。
主に調べているのは自創作ために式神や護法童子など、またいざなぎ流や民間信仰、憑き物になります。私は妖怪を全部知らないにわかです。
最近は少しだけ古墳や塚について調べています。
創作漫画『そんじょそこらの使わしめ』の本編創作中のため短編小説は休載中です。

バナア

犬缶サイト - にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

私の小説

「小説家になろう」に投稿している小説になります。

Twitterタイムライン

クリックで表示:私のタイムラインが表示されます!

よろしくお願いいたします!