キャラクター一覧

キャラクター設定
01 /19 2037


※当ブログに掲載されている画像または文章などの無断転載はご遠慮下さい!※


つかわしめ創作もの


20170927192139152.jpg 

【使わしめ】
それは神様の化身、または聖なるメッセンジャーか。はたまた呪術師の使役する鬼か?
"影"の存在である彼らは日常に溶け込み、私達の生活に人知れず紛れ込んでいるかもしれない。

とかいう感じの創作です。
カテゴリーから漫画を選択すると、なんとなく雰囲気がつかめます!

登場人物

201805092221001ee.jpg 
よく喋る方
調子に乗りやすく冷めやすい。
また予想外の出来事に弱く戸惑ってしまうことも。
自分より格下だと思ったらとことん見下す性格。
201805101014469a9.jpg 
 だんまりしてる方 
寡黙だと思われているがコミュ障なだけ。
主様LOVEなムッツリスケべ。
《童子》
2匹でセットの式神。彼らはさっちんや限られた人しか見えない。
みこおねえさん 
変態な方

童子型の式神にちょっかいを出す快感を覚えた。

\ウェーイ/ 
生真面目な方
誇り高い式であるために自己啓発本を読んでたりする。
《敵陣の巫女》
2匹でセットの式神。童子たちとは敵対関係。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
にんげんside
20180510120256ab9.jpg 
さっちん
童子やらと交流があるひと。
なんでも食う。
自分は世界一の常識人だと思っている。

うらないです 
占い師
超能力者(テレパシー)。でも本領は大学生。
迷信や幽霊が存在していないと盲信している。が、密かに見えている。


ライラ
未確認生命物体を狩って売ってるひと。年齢不詳。
現代魔女という噂も。


竹虎
未確認生命物体を狩って売ってるひと。
人虎(憑物筋)の類に入る。虎みたいなので同業の人にUMAと間違われて狩られてしまうらしい。
虎が大嫌い。

ぴゃぱああ 
イズナの主である女術師。当然ながら憑物筋。
イイヅナ使いであることは秘密にしているらしい。
衣食住は大切にしようとしている、でもあまり出来ていない。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
人ならざる者side


 たぬき
テリトリー争い云々には中立的な使い魔。
狸塚(というか里山)にたくさん生息しているため区別はつかない。彼らは陽気な性格であり、人間に好印象を持っているんだとか。

blog_import_578aff36dcd4d.jpeg 
イズナ
童子とテリトリー争いをする使い魔。


女王
童子とは全く無縁の偉いひと。
さっちんとは恋仲だと勘違いしているおばはん。きっといつか両思いになる。

もしかしたら増えてくかもしれないです(;^ω^)


キャラがイマイチつかめない、と数人(友人)に言われたので書き足してみました。なんか余計わかんない感じに…?

意味不明な所があったらどしどしコメントください。

見てくださる方、たまたま見てくださった方大感謝です。

2017070120071337c.gif 

続きを読む

スポンサーサイト

創作漫画まとめ

漫画
12 /01 2028
★そんじょそこらの使わしめ


マンガ一覧


古い← に行くほど →最近

童子+巫女漫画 【1】【2】

童子のみ 【1】

童子+その他漫画
【1】【2】 【3】【4】【5】【6】【7】【8】【10】【11】【12】【13】【14】【15】
【16】【17】【18】【19】【20】【21】【22】【23】

にんげん(?)たち漫画 【1】【2】【3】【4】

女王と童子~伝説の媚薬を求めて~【1】【2】【完】

オオカミ漫画 【1】【2】【3】【完】

続きを読む

自作小説置き場

小説
09 /26 2024
塔婆
 
こんにちわ。
私が約四年以上(行き詰まってる)書いている小説がありまして…以前pixivにあげていたのです。が、アカウントにログインできなくなったとか色々あって「小説家になろう」の方に投稿させていただいております…。
一応話の筋は途切れ途切れながら全部できてます、あとはインチキ推理さえ描写できれば…^_^;

【内容】

推理小説の文豪の祖父をもつ 搭婆ゆう。
彼女は祖父のいる田舎に帰省するはずだったが…急な雨のためとある屋敷に雨宿りすることになってしまった。
そこで起きる謎多き出来事。ゆうは祖父の威厳を背負って推理できるのか!?
 



ちらは主にブログで投稿している創作のスピンオフ?ものです。



【内容】

世の中には未だ得体のしれない存在がおり、得体の知れない生業をしている者がいる。
未知の世界は異界でも地獄でもなく、日常に潜んでいるのだ。
それぞれ互いに同じ空間を共有しながら、区別を図っているのである。
童子ちゃんの視点から離れたまた別の世間の話。







blogであげてる大まかな流れ
こっちの方が頻繁(?)に投稿するので……。
※数字をクリックすると別窓で開きます。お話は左から進みます。

.+*:゚+。.☆とぅるば.+*:゚+。.☆
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

ゆっくり更新していきます。そんな感じです。

続きを読む

自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】19

小説
05 /26 2018
主人公塔婆ユウが推理できないのにインチキな推理をしようとする小説です。
流血不愉快な台詞があるかもしれません🙇

「あれ…まだ寝ていなかったの?」
「ええ、聞きこみをしている最中なの。申し訳ないのだけれどアリバイを教えてくれないかしら?」
 少年の名は外連といった。三善を呼びに来た、あの少年である。
「どうぞ。」快く招き入れてもらい拍子抜けした。癖の強い人々にぶち当たってきたせいか、酷い態度で突っぱねられると決め込んでいたからだ。
 愛読者なのだろうか。名もしれぬ小説がびっしりと本棚に並べられていた。どれもふるちゃけていて新品はない。こむずかしそうな書籍を平然と読める少年へ素直な尊敬をむけた。
「雨の日はずっと本を読んで過ごしている。このウォークマンでお気に入りの曲を流して―そうすると心が安らぐんだ。」
「これが例のウォークマン。」
「そんなにじっと見られると恥ずかしくなるや。たいした曲は入ってないよ。元から入ってたやつ。最近の機械はすごいねえ。」
 確かに画面に表示されている曲名はクラシックなりなんなり、流行りの曲はうかがえなかった。
(あの糞ガキ共と比べたらだいぶ親しみやすいなぁ。それに物分りも良さそう。)
「犯人探しをしているんでしょ?」
「ええ。推理をしろとあなたたちのお父様に命じられたから。」
「それはかわいそう。あの人はちょっと変わってる。」
 嫌味ともとれる言葉に彼は苦笑しただけであった。身内からも変人として認識されているなんて。
「だからといって意地悪しているわけではないんだ。あの人は純粋なんだ。だから、周りから誤解を受けやすい。」
 椅子に腰かけとつとつと語る彼は老齢の家主と似ている。顔つきだけではなく、纏っている雰囲気も。ナズミたちよりも。
「不審な音はしなかったよ。誰かが話している声はしたけど、なんせ集中していたもので。コマのノックも聞こえないほど。」
「何時…といっても時計がないのだもの。確認のしようがないか。」
彼の部屋に時刻を告げる物は一切ない。それに彼は読書に熱中していたのだから。 
「ナズミたちにからかわれたりしなかった?だったら謝るよ。―あの子たち、つっけんどんな態度をとるし。生まれも相まって気難しい。」
「まあ…」腹違いと言っていた。
「彼らは養子として貰われてきてなかなか心を開かないんだ。僕にも友里恵姉さんにも。どう接していいか探ってる。」
 なるほど。彼らの容姿に合点がいった。摩耗一族が不自然に子沢山なのは養子をとっているからだ。  
「愛ちゃんも養子だったっけ。」
「えっと…ずいぶん前に尋ね人がきて、あの子は引き取られたというよ。残念ながら詳しいことは知らないけれど」
 外連が本をしまいながら言う。
「そう。ミヤビとは関係ないんだ。」
「うん。本当は磨耗家ってのは余所者を受け付けないんだ。君たちはとても運がいい。もちろんあの子も、ミヤビさんも。」
 世捨て人の集まりという印象のまま、一族は排他的な思想を持っているらしい。でもそうにしてもその意思は緩いものだ。 
「迷信なんて時代遅れだから。」
「迷信?」
「森はあの世と繋がっていて、迂闊に外へ出てしまえば亡霊にとり憑かれやがてあの世に連れていかれる。だから外に出てはいけないし、外の者を招き入れてはいけない。―僕らの家に伝わる迷信さ。」
 確かに鬱蒼と茂った木々の合間に蟠る暗がりは異界へ通じていそうな気味悪さを宿している。
「その磨耗家は迷信を長年守ってきた、と。」
「君の言う通りなら里に出てないおかげか、里の人たちから完全に忘れられているみたいだね。本当に馬鹿げてる。」
 自嘲気味に彼は椅子に腰掛け、おどけてみせた。
「みんな、どっか外界に無関心なんだ。今回だって僕らは部屋に篭もりっきりで、客のもてなしもしない。」
「そうかしら…。」
 家政婦はきちんともてなしてくれたではないか。加えて家主は最低なサプライズをしてくれもした。
「少なくとも関心は持っていると思う。だって、あなたは私とこうやって話しているのよ。ミヨシも。」 
「前向きな意見ありがとう。」破顔した少年は皮肉にもとれる礼を述べる。

つづく

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人外〜まっくらな森に住む猿人と時空旅行者に連れられた人間のお話し〜(創作漫画)

創作のイラスト
05 /22 2018
「まっくらな森に住む猿人と時空旅行者に連れられた人間のお話し」のギャグ漫画?です。
201805211215443b6.jpg 
人外ギャグ
人外ギャグ2 
20180521150306549.jpg 
仁義なき 


ブログランキング・にほんブログ村へ

キャラ一覧のイラストを描きました。そのに

創作のイラスト
05 /18 2018
2体
キャラクター一覧のイラスト2枚を新しくしました。

トンネル 
漫画用に描いたトンネル。漫画がやっとトンネルシーンまでかけたので_((Ф(•᷄ὤ•᷅  )カキカキ
想像で描くとやはり曖昧な絵になりますね。取材したほうが二度美味しいのは分かっているのですが、ビビりなので行きません。

あついんじゃあああ 
twitterで呟いたイラストです。
埼玉暑いです……つい最近(?)まで他県に行っていたせいか慣れません。
過去に「熊谷だけ暑いのに何言ってんの?」と言われたことがあります。が、今回は埼玉県自体気温が高いような気がします。
では、また。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

キャラ一覧のイラストを描きました。

創作のイラスト
05 /12 2018
キャラクターデザイン

キャラ一覧のイラストをついに描きました〜!
イエーイ(ノ゚Д゚)ノシ)`Д゚ )ノベチベチベチ
20180511160059d9d.jpg
これはお蔵入りになります😅
あれからかきつづけていたんですが 、上の絵ができちゃった(?)ので。
これからもいぬかんサイトをよろしくお願いします!


にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

創作イラスト(デジタル、pixiv)

創作のイラスト
05 /09 2018
20180508105827a89.jpg

イイヅナ使いの女。というよりキツネに憑かれてるみたいになってるイラストです。
なんとなく描いてしまうので以外と愛着が湧いてしまったのかも💦

ゴールデンウィークが終わりましたね…………。振り返ってみると見事に頭がお花畑で憎らしくなってきますよ💢💢
ダルダルです……。
では、また✌

続きを読む

自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】18

小説
05 /04 2018
主人公塔婆ユウが推理できないのにインチキな推理をしようとする小説です。
流血や不愉快な台詞があるかもしれません🙇


 薄明かりがテーブルを照らしている。ランタン特有の柔らかい色だ。
人がいる。ユウは自らの勘へ感謝した。コマはここにいる。
「コマ。いる?」
 古めかしい室内で微かなみじろぎがあった。食器を重ねる音と布ずれがし、ランタンが宙に浮いた。
「はい…何でしょうか。夜食ならすぐに…。」
 幸薄そうな相貌の家政婦、コマ。彼女は夕食を作り終えたと言うのにまだ食堂にいた。突如訪ねてきた客人に怯えた素振りで駆けつける。
「夜食じゃないわ。少し聞きたいことがあるの。お時間あるかしら。」
「は、はい。なんなりと。」
「それにしても…あなた一人で家事をこなしているの?大変じゃない?他に家政婦や、庭師などはいないの?」
「ええ。現在この館で働いているのはわたくし一人です。それに…館も大した規模でないので。」
 確かに他の邸宅より小柄で移動はし易い。部屋数は多いけれど。
 現在は、と彼女は言った。かつて摩耗邸には数人のメイドや庭師などがいたのかもしれない。やはり…。
「それにしても、気の毒としかいいようがないわ。よりによって第一発見者になるなんて。けど…恐れ入る。それでも仕事をこなしているんですもの。」
 すると彼女は俯きつつも「こうでもしていないと、気が狂いそうですから。」と零した。
「さっきナズミさんたちから聞いたのだけど、自殺した婦人がいるようね。あなたは知ってる?」
「じ、自殺した使用人?」
 雷に打たれた如く家政婦は声を裏返した。
「いません…そんな、かた。」もじもじとソバージュをいじくる。嘘だ。
「いるんでしょ?」
「…。はい。その通りでございます…。ですが、使用人ではございません。宮美という夫人の…親族の者でした。その宮美さまというお方は摩耗一族の親戚の友人であるとある資産家の未亡人でして、全てを失い、知人の頼りで旦那様とご結婚されました。その親族の人は時たま使用人として働いておりましたが…摩耗家の籍に入っていたとお聞きしております…。」
焦りから一転しょぼくれる。
「自殺の理由は、三善ってやつがその宮美さんの親戚をいじめとおしたから?」
「…とんでもございません。それはわたくしどもも理解しかねます。」
「そう…。」
「三善さまは、さびしい方でした…。わたくしは、よく知っております。あの方が人を、い、いじめるようなことは…。」
「じゃあ、誰かと一緒になってやったってこと?」
 取り乱しているのは一目瞭然だ。この女性は嘘をつくのが苦手なんだろう。コマが宮美婦人について何か重要な事実を存じているのに―もどかしさに苛ついてしまう。
「わ、わたくしには…わかりかねますっ!」
 ユウの苛つきが伝わったのか彼女は見境なしにドアを閉めてしまった。危うく挟まれそうになり飛び退くもコマを逃した後悔が遅ってくる。
「なんなのよっ!」


つづく。

続きを読む

自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】17

日常
05 /03 2018
主人公塔婆ユウが推理できないのにインチキな推理をしようとする小説です。
流血や不愉快な台詞があるかもしれません🙇


 ナズミの言い草は愛を彷彿させるものだった。
「愛ちゃんは心配してくれたのよ。」
「アイツもあたしたちと同じだけど、考えてることはぜったい違う。それよりどんな風にそそのかされたの?」
「?そそのかされてなんかないわ。あなた達こそこんな事故物件みたいな家出ていったほうが―」
「失礼だな。事故物件なんかじゃないやい。」
 言葉を遮った兄に妹がおずおずと開口した。
「お兄ちゃん、使用人の事件があるじゃん。あれは事故物件だって言われても仕方ないんじゃないの?」
「ばかっ他所様がいる前でその話をするんじゃない!」
 あからさまな激昂にその話題がタブーであると勘づいた。ヒイラは話の流れを逸らそうと努力したのであろうが…。ユウは丁寧にタブーを訊ねてみることにした。
「使用人の事件?」
「そう。過去に使用人が自殺したことがあった。」
 ヒイラが忌々しい声色で告げる。
「自殺?」
「うん。原因な姉さんが執拗にいびったせいだよ。ノイローゼになって」
 姉さんとは例の三善のことだろう。
 二人が顔を見合わせ何かを思い出した、と人目でわかるリアクションをした。恐怖に顔を引きつらせたのだ。ユウは片眉をあげ、
「呪い」
「え?」突拍子もない発言に呆気にとられた。
「呪いだよ!」
「…きっと怨念が野見山とか言う女を殺したんだ。」
「あのねえ…。」何をイッテルノダ。
「兄さんのゆってることは間違いではないよ。」
 呆れ返ったユウを妹のナズミが非難する。
「私たち摩耗一族も何人か化物に殺されたんだ。この目でみた。」
「そ、そうなの?にわかに信じられないけど…。」
「きっとこれからみんな殺してくはずだ。お前たちも例外じゃないぞ!」
「あたしたちも?!あ、ちょっと!怖いこというなー!」
 彼らは捨てゼリフを吐き廊下に追いやられる。大仰な音を立て扉がしまり、呆然としていると、部屋の中から下手くそなリコーダーが聞こえてきた。これじゃあ家庭教師にゲンコツを食らうに違いない。


つづく!

続きを読む

inukma

主に一次創作イラストを掲示しています。今は神使とか式神に執着中。
都市伝説や民俗学が好きで、それに影響を受けた漫画や小説を書いています。

バナア